IAMAS

隈遮岷殴

冩梢隈遮岷殴

さまざまなT來がfPするh廠をつくるAction Design Research Project

#プロジェクト #インタビュ`

IAMASの縮圄の蒙弼でもある仝プロジェクト々は、謹蛍勸の縮Tによるチ`ムティ`チング、T議かつt栽議な岑Rと室gが誼できる鏡徭のカリキュラムとして了崔づけられています。インタビュ`を宥じて、プロジェクトにおけるテ`マO協、その嘘尚にある冩梢I囃および猟}に紗え、gHにTのなる縮Tや僥伏gのfPがどのように佩われ、そこからどのような撹惚を豚棋しているのかを光縮TがZります。

橿嚼材縮娩、卅翫掌徨彈縮娩
緻鑢児冩梢a廁T、卅腐巾寸RCIC室g屶址T

腎gデザインシステム仝Kiosk々を喘いた仝瓷厳おおがきビエンナ`レ2019々での婢幣腎gのO咤2019定12埖

プロジェクトのテ`マと嘘尚についてかせてください。

橿嚼材參和橿嚼 プロジェクトのキ`ワ`ドとして、仝プロトタイピング々仝デジタルファブリケ`ション々仝デザインプロセス々がい欧蕕譴泙后この3つをy栽させて、どのように仟しいやり圭を伏み竃せるかを麼凛に崔いています。デジタルファブリケ`ションは、すでに芙氏に償邑しはじめているわけですが、僥g中ではさまざまな辛嬬來がZられてきたものの、gHのbIや偏にはつながっていないところがあり、そこをどう魘匹靴靴討いかを冩梢鵑箸靴討い泙后このプロジェクト參念に、プロトタイピングを麼悶として、揖rにデザインプロセスを深えていくGangu Project2005C2009や、Advanced Design Project2010C2014、あしたをプロトタイピングするプロジェクト2015C2018をやっていたんですね。それらのプロジェクトで、徨螺醤をデザインしたり、Cメ`カ`の繁と仟しいサ`ビスを深えたりしたのをCに、プロジェクト坪でg佩しているデザインプロセス徭悶の仟しさに櫃鼎ようになりました。ほかの二Iとの慌揖冩梢にもk婢したのですが、デジタルファブリケ`ションの噸式とともにそれも蒙eなことではなくなってきて、お札いのモチベ`ションや圭鯰圓累`いがえてきたわけですね。

卅翫掌徨 Oや崙恬を嶄伉とするhのなかで、暴は椰g僥をTとしながら、しかも崙恬をする羨ではなく、^肇の並箭を歌孚して深えていく羨として、なぜプロジェクトにvわっているのかというと、仝fP々という勣殆とvSしていると房うんですね。ア`トにおいてfPを深えるとき、恷除ではア`トコレクティブのような試嗤Bが深えられます。ただ、ア`ティストの栽、コンセプトを擦┐討いために、デザインの返隈を喘いながらも、そこにbIとは`うタイプの|やMを深えていくことが、燕Fにつながっていく斑罎あると房います。その吭龍では駅ずしもトップダウンのk襪箸蕨泙蕕覆ぁ1蹶Fとしてア`トやデザインを深えていくときに、屡贋の崙恬プロセスや崙恬h廠を旋喘しながら、それとは`う羨を函っていくということがどのように辛嬬なのかを深えたいと房っています。20弊o瘁磯參週、これだけ崙恬h廠が笋錣辰討たにもかかわらず、^肇のパラダイムでuしていくシステムの渊腓鮓个犬討い董△海離廛蹈献Дトでg樹しているfPでは、ボトムアップ議な崙恬h廠がどうC嬬するのか編^していくことで、答u議Q泣を羨ち貧げたいと深えています。

緻鑢児 暴は冩梢a廁Tとしてvわっています。噸粁はO並嬲でPきながら、IAMASでもデジタルファブリケ`ションのあるh廠でPいていて、ずっと湖じていたのは碧並と僥丕でやっていることがYびつかないということです。徭蛍で恬して、恬り圭まで蛍かっていていけると房っていても、いざ碧並となるとそれをlかにmまなくてはならずコストが貧がってしまい、gFしないことにもどかしさを湖じていました。そんな}吭Rがあったので、fPで恬るというキ`ワ`ドは中易いなと房いました。徭蛍ひとりでやっていてもクオリティが弖いつかなくて、DIYでKわってしまう何蛍にもどかしさを湖じていたので、儲垢椰幄塀氏芙とfPでお札いが音怎しているところをaいつつ、畠悶議なクオリティやデザインをボトムアップでg樹できるところは、このプロジェクトの中易いところだと房っています。また、碧並では參念から儲垢椰とのvわりはあったのですが、僥丕という及眉宀が秘ることによって、デザイナ`と崙恬宀というvS來が雲れ、ある吭龍カオスな彜rのなかでKioskという腎gデザインシステムをつくりながら、徭蛍の羨ち了崔を深えさせられる、よいきっかけになっていると房います。

卅腐巾 暴は麼に、IAMAS箸盃惇サポ`トを毅輝しています。念もファブ仏Oに輩佞靴討い燭里如▲妊献織襯侫.屮螢羽`ションにはLくvわっているのですが、にデジタルファブリケ`ションにd龍をもっている繁が富なくなってきているのではないかというg湖をもっています。云栖のu夛Iと繁でのものづくりがあまりにも行xしてきていて、書瘁どういう圭鬚盆Mむのだろうと深えます。2020定業は隈遮岷殴湖半屏の唹もあり、h侯でのやり函りが岷されましたが、プロジェクトも筝を噫xなくされるなかで、デ`タをもらえれば恬れるというh廠の吭xは寄きかったと房います。栽医をカットするときに、恷詰泙燐{屁でgむように、医函りを深えたデ`タを僕るなどの塘]は、デジタルファブリケ`ションを聞いTれているからこそできるfPのやり函りだったと房います。

儲垢椰幄塀氏芙でのKiosk のジョイントパ`ツの恬

僥伏はどのようにvわっているのでしょうか

橿嚼 僥伏のバックグラウンドは謹で、念がプロダクトデザイナ`だった僥伏やエンジニアリング竃附の僥伏、秀B、コンピュ`テ`ショナルデザインにd龍がある僥伏が堕俐しています。児云議にものづくりをする念戻でプロジェクトをしていますが、駅ずしも徭蛍で採かを恬ったUYやデジタルファブリケ`ションを謹喘して崙恬したことがある繁ばかりではなく、UYはないけれどやってみたいという僥伏が、チャレンジしている湖じです。gHに、ボトムアップをgFするためには、それぞれ羨や佩嘖尖が`うので、慌宥のモチベ`ションをどうやってl咾靴討いかが嶷勣だと房っています。深えた挑にWが房いついたのが、h廠をつくらなくてはいけないということでした。Wらの箸牧き篠せるのではなく、鬚海Δ箸牧き篠せるのでもなく、仝吉しく`うもの々をデザインh廠としてカ┐靴董△修海妊廛蹈肇織ぅ團鵐阿鰺┐靴萄里をつくっていく。そこからまた、光徭のところに隔ち「ればいいんだと。お札いが徭蛍のエリアの翌、嶷なったちょっと枠にある、なにかのエリアを覿┐垢襪海箸盾Qだろうと房っていて、それが仝fP議デザインh廠々と柵んでいるものです。
醤悶議なになりますが、デジタルファブリケ`ションC匂を聞うr、參念は、デ`タは恬撹できても俳り竃しのときに娼業があまり竃なかったり、C亠のメンテナンスが寄笋杷个螻すまでにハ`ドルがあったのですが、このプロジェクトを宥してC亠を屁笋靴燭蝓¬拗ぼ燭fPすることで、そこはだんだん\り埆えられている櫃します。だから、gHに崙恬するものの娼業の中でもfPが撹羨し兵めている。デジタルの秤鷙禾个法▲皀里鮟蕕靴燭笋衄,蠅除づいてきたかなと房っています。コロナの音徭喇さによってそうせざるを誼なくなった中もあるかと房いますが。
ただ、あえて倦協議なことを冱うと、書軟きているfPはあくまで、採かを恬ったことがある繁が、そのUYをデジタルデ`タや、それを児にしたC亠紗垢に崔きQえることによってgFしているのであって、そもそも採かを恬るUYが窪しい僥伏がアクチュアルな}として尖盾することがyしいのも並gです。ものを恬っていた繁がコンピュ`タを秘していくのとは`う圭鬚鬚匹深えていくかというQ泣は、このプロジェクトのn}を埆えてしまうかもしれませんが、富なくとも、デザイン縮圄やデザインを深えるうえで、肝のn}だろうと房っています。僥伏がUYのないなかで恬り圭を深えていくことを宥して、そのような蛍勸を_謡していってほしいというのがWの房いです。

撹災全緇虎

 
☆〆IAMAS Interviews 01〇のプロジェクトインタビュ`2020にdされた坪否をdしています。

プロジェクトの歌深猟

ニ`ル?ガ`シェンフェルド〆FabDパ`ソナルコンピュ`タからパ`ソナルファブリケ`ションへ〇弥嶄再匆O俐、オライリ`ジャパン、2012
バス?ヴァン?アベルほか。坤`プンデザインD歌紗と慌から伏まれる仝つくりかたの隆栖々〇弥嶄再匆OU、寒云寄孔ほかU、オライリ`ジャパン、2013
Alex Coles,The Transdisciplinary Studio,Sternberg Press, 2012

vBプロジェクト

IAMASからのお岑らせ